頻度など

年間有病率は毎年増え続け1995年のデータでは30年前に比べ2.28倍となっています。
一生の間に病気にかかる割合(生涯罹患率)は男 9.4%、女 4.1%であり良く遭遇する疾患です。
発生頻度が増加している原因は、動物性蛋白質・砂糖・脂肪などを多く摂るようになった食生活の変化にあると言われています。