尿道炎

淋菌によって起こる淋菌性尿道炎と、クラミジアによって起こるクラミジア性尿道炎が大多数を占めます。通常の性行為の他に、口腔性交により咽頭から感染する場合が良くあります。

  • 淋菌性尿道炎:潜伏期は感染機会からほぼ1週間以内です。ほとんどの場合、はっきりした排尿痛と、下着を汚す様なクリームのような膿が外尿道口から出ます。
  • クラミジア性尿道炎:1-2週間程度の潜伏期があります。症状は軽く、尿道の違和感程度の事が多く見られます。膿もあまりありません。自覚症状はないのに、パートナーの感染から検査しクラミジア感染が見つかる事もあります。1時間間隔をあけた尿を検査します。排尿のタイミングを考えて来院してください。

抗菌剤の内服により、ほとんどの場合治療可能です。感染させる危険性がありますので、完治するまで性交は行ってはいけません。
女性は子宮頸管炎、子宮付属器炎などで発症します。当初自覚症状がない事も多く、放置すれば不妊症などにもなりますので、パートナーには婦人科を受診させてあげて下さい。